レノファを青黒の眼で東京から見るblog

レノファ山口を応援・分析します。

相手の並びを見てやり方を。。。 ザスパ群馬vsレノファ山口 @正田醬油S 2024年6月16日

後半戦のスタートであった群馬戦。

同じ相手とのコンペティションが違うもののアウェイで2連戦ととても難しい試合であったと思います。

そのような難しい中で、天皇杯は勝ち上がり、リーグ戦も勝利と結果を出してくれたことに今年のレノファの強さが見えたように思います。

では、リーグ戦のみにはなりますがこの群馬戦を振り返ってみたいと思います。

 

1)どこが相手の嫌がるところか。

2)板倉起用に見るオプション

【得点者】

山口       群馬

26分 若月    なし

 

1)どこが相手の嫌がるところか。

天皇杯がどのような流れだったかはわからないですが、とりあえず監督が代わりフォーメーションも変わったことで、多少天皇杯の前半はうまくいかなかったような旨を【INSIDE】で山本が言っていました。

そういう意味では前半はその教訓を活かしほぼプラン通りであったのかなと思います。

まずは一気に試合の流れやフォーメーションの変遷を確認していこうと思います。

 

まず前半ペースを握ったのはレノファ。

ボールの保持時で群馬のフォーメーション5-3−2に対して、「3」の脇だったり、「2」の脇を使います。

 

組み合わせの図を見てもらえれば分かる通り、この群馬が前線のプレスに対して逃げ道が用意できていました。一つの要素として群馬のWBの低いポジショニングがあったと思います。おそらく裏へのボールであったり梅木の高さ対策があったように思えます。

解説の太田さんが所々で「どこかで群馬はボールを取りに行ったほうが・・・(寄せたほうがなど)」とおっしゃっていました。ただ、群馬としてはいかなかった。行けないのではなく、行かないことを選んでいたという見方もできるのではないかと思います。

群馬のツートップはレノファのボランチを抑えておいて外誘導、もしくはロングボールを蹴らせることで、後ろで迎撃するようなことを狙っていたように思えます。

これについては前貴之の試合後コメントで

相手がハイプレスに来るかなと思いましたが、そこまで来なかったので、自分たちでボールを持ちながら攻撃をできる時間もありました。相手がブロックを組んだ中でどうやって崩していくかはまだまだ課題ではありますが、ワンツーでのヤマト(若月大和選手)のゴールのような崩しができると相手がどんどん前に出てきたり、スペースができてきたりすると思います。そういうところでは、今日はブロックを組まれた中でも良い攻撃がありましたし、カウンターのケアもできていたと思います。(引用元:レノファ公式

と残しているようにおそらく上記のような、千葉のようにハイプレスに来るのではなく、後ろで対応することを選択していたように思えます。

まず逃げ道その1として、前貴之とヘナンがありました。群馬のツートップはレノファのボランチへのコースを切って外誘導もしくはロングボールを蹴らせることを狙ったのかなと思います。ただ、あまりプレスに来ないのならヘナンと前は多少開くことでツートップからのプレスが来ないところでボールを保持することができました。これが上に書いた「2」の脇。

そして逃げ道その2。群馬のMFが3人ということもあり、大外までケアができません。これが「3」の脇。この位置に右サイドは若月や池上が降りてきます。前貴之がボールを保持している際に、吉岡が高い位置を取ってその2人の間には群馬が出てきにくい場所があるのでここに若月や池上が降りていました。また左サイドでは河野や新保がこの位置を取ることで前進。こちらは河野がボランチに代わりインサイドでボールを受けることなどSHの役割は多少違っていましたが、ここから前進をすることができていました。

ロングボールを向こうが警戒する。レノファとしては空いているところが見つけられている。そういう状況があり、この試合の前半はレノファのボール保持が目立った要因でありました。

ただ、例年と違うのはやはりボールポゼッションにそこまでこだわっていないこと。得点シーンは最たるものでしたが、自陣でのファウルからのFKで、関が前線へロングフィード。セカンドボールを池上が回収して若月、河野、梅木のコンビネーションで時間をかけずにゴールを奪いました。

結局ロングボールという言い方よりも、つなぐことを見せておいて得意の形で仕留めた、こんな感じで考えるのはよいのではないかなと個人的には思っています。

 

で、後半。

群馬がマイナーチェンジ。

前半はボールを保持するも大外回しばかりでインサイドが使えない。レノファの外循環の守備にはまってしまっていました。時折中にボールを差し込みますが、そこはレノファの選手たちがしめているところでもあるので、しっかりつぶすことができていました。1点目はまさに中に差し込まれたところでボムヨンが対応ファウルをもらった流れからでした。

ただ、後半はまず群馬のIHとCFの位置をいじったように思えます。主にレノファの4‐4ブロックの中間ポジションをより意識していたように思えます。

後半の立ち上がりから、LIH天笠やLCF高沢がボムヨンと池上、前の中間ポジションに立ちボールを受ける場面が増えました。また天笠も同じハーフレーンでボールを受ける場面も続き、インサイドでのプレー時間を増やしていきました。

これをすることで空いてくるのが大外。前貴之も中間ポジションでボールを触られてしまうので、中に絞る場面が増えます。するとLWB50菊地へのマークが緩くなってしまうのと、菊地が使いたい大外のレーンへのケアもできなくなります。

するともともとフィードに定評のあるLCB中塩から菊地であったり天笠・高沢を使うようなボールが配給され始め、徐々に群馬のペースとなっていきました。

レノファも選手をフレッシュにすることで流れを変えようと試みますがなかなかうまくいかず。相田を入れることでプレスを強くしようとしますが、相田を1列挙げて、4‐3‐1‐2のようなプレスの形を1度試みましたが、WBがいる中吉岡が逆にポジション迷子になってしまい、この形は数分で終了。吉岡や野寄が前に出て相田と田邉で中を締めることを優先しました。

 

 

2)板倉起用に見るオプション前半

レノファもなかなか決めてが打てないが、それは群馬も同じ。

菊地までボールを届ける作業ができ、10佐藤がRWBでありながらボランチのようにふるまい前線との中継ポイントになりながらもゴール前でのアイデアに決定打が打てず、時間が経過していきました。

そして80分志垣監督が動きます。梅木が疲れていたので前線にジュニーニョを入れてもう一度プレスを強める、という方法ではなく、板倉を入れることで5バックへと変更しました。

個人的にこの交代が効いたように思います。

まず5バックにすることで縦に5つに分けた5レーンを埋めることで菊地のスペースを奪うことに成功。そしてそこからカウンターを仕掛けていくことでレノファにペースを引き戻しました。

すかさず群馬の武藤監督は4‐4‐2に変更。前半レノファが5‐3‐2の「3」の脇を取ったことと同様に、群馬もこの「3」の脇に菊地を送るようにしました。ここからクロスを上げるようにしましたが、ここでボールを受けることはできるもののクロスを上げる位置からゴールまではまだ距離があります。

板倉を入れて5バックにしていることでヘナンとボムヨンはこのクロスに積極的に迎撃に向かうことができます。この体制になったところでほぼ勝負あり。GK関の抜群のクロス対応も見せクリーンシートで試合を終えることができました。

 

武藤監督のいうこの言葉がこの試合を端的に表していたように思います。

ゴール前にやっぱり入っていけていない、シュートまでいけていないところは本当に課題だと思っています。 そこはできると思ってトレーニングしてきましたし、その形やサイドから入っていくところは今いる選手の強みだと思うので、そこをもっともっと出せるようにしたいですし、そこからゴールに入っていく、ペナルティーに入っていく回数は増やさなきゃいけないなと思います。(引用元:ザスパ群馬公式

群馬としてサイドの選手をストロングポイントを使いたかった。ただ、前半からエリア内に入ってきたボールに対してレノファは自由にやらせなかった。

Footballlabさんのこの試合のデータですが(左が群馬、右がレノファ)、30mラインへの進入やエリア内進入は平均以上に出せています。そこは狙いとして続けられてしまったのかもしれません。ただ、チャンス効率であったりゴール期待値で言えば結局結果を出せなかった。

前半は攻撃で上回ることができ、後半は守備で狙いを出させない。勝負強い試合運びができたのではないかと思います。

ただ、

全体的に勝点3にふさわしいゲームではあったと感じていますが、追加点を取れるチャンスがありましたので、そういうところを決めきることは今後の課題になると感じています。

と志垣監督がおっしゃるように、2点目をとって決めてしまうことができるのが理想であると思います。

そもそも、ゴール期待値が上がっていないことやエリア内侵入回数で言えば平均以下しか出せなかったのも課題の一つかなと思います。

勝ち試合で1-0。しぶとく勝ち切った。スコア以上の試合だった。色々な見方があるかと思いますが、上位に行くためにはもう少し試合内容というか質というところを突き詰めていくことが後半戦の課題の1つかなと感じた試合になりました。

 

ただ、勝つことはいいですね。後半戦も前向きに進めて行けそうです。

次はいわき戦です。水戸、鹿児島、秋田戦と中断期間までまず勢いをつけてもらいたいです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

(※文中敬称略)

 

 

 

 

さて、あとがき。

今日はカップ戦って夢があるって話。

なんクロで「群馬に勝ったら名古屋が山口に来る!」と思っていたら、まさかの名古屋が敗戦で新潟代表のJSCが上がってくるとのこと。最初は名古屋が上がってこないのか、、、とレノファの試合で観客が集まるチャンス!と思っていましたが、

まず、これはJSCにとっても名前を売るチャンスであり、そりゃ下克上を起こしてやるって気構えできますよね。そしてそれはレノファ戦も同様です。なめていたら飲み込まれるでしょう。

ただ、失礼な言い方になるかもしれませんが、レノファとしては次のステージに行くことを考えればこれはチャンスでもあります。油断は禁物ではあるものの、やはりカテゴリーは下の相手。名古屋が来ることでの盛り上がりや経済効果みたいなものも欲しかったかもですが、勝ち上がればまたそのチャンスは来ます。もちろんJSCとの試合で盛り上がる部分はありますし、次への期待も膨らむでしょう。

今回はYouTubeのJFCチャンネルで放送があるようです。まずJSCが名古屋に勝ったことで注目率は上がってます。レノファチャンス。

そしてもしここを勝ち上がれれば、おそらく次もレノファのホームで出来るでしょうからまたJ1のチームが来るチャンスや、もしかしたらNHKBSなどでの放映もあるかもしれません。やはりレノファチャンス。

ルヴァンカップのように入場者収入はレノファには入りませんが、県民の注目も上がるでしょうし、J1が来るとなればやはりそれもあがるし、J1 のチームにレノファ山口を知ってもらえることになる。

リーグ戦がとてもよいので日程がつまるのは。。とはありますが、上がれば上がるだけ名前も広まるし、賞金なども入ります。きっと選手のモチベーションも上がるように思います。

残留争いの時はあまりこういう思いにならないかなと感じますが、今はある程度欲張りに考えてみるのもよいかと思います。